カテゴリ:音楽・芸術( 9 )

バイエル

バイエルという言葉を耳にしたとき、どのようなイメージを持つでしょうか

ピアノをお勉強する時の入り口という考え方もあるでしょう
お子様の音楽基礎教育としてのバイエルをもう少し深く考えてみませんか

音楽を学ぶ上で楽譜を読むということは、とても基本的で大切なこと
お教室で学習し体にしみ込ませたバイエルが、
楽譜を正しく理解し表現出来るようにしてくれるのです
楽器に頼らずに楽譜が表現しようとしているリズムや内在するフレーズを
理解することが大切で、それが音楽的な想像力を養い豊かな表現力に
結びつくのかのしれません

バイエルを通して読譜や聴音の力をつけ、更に和音に対する感覚を身につけて
演奏による表現力を養っていただきたいと思います
b0198941_9461796.jpg

秋の気配が少しづつ
早朝の北の丸も涼しく感じられます
[PR]
by clubpiano | 2016-09-24 21:00 | 音楽・芸術

Club Pianoの1月

2012年もひと月が過ぎてしまいました
久しぶりのブログアップです

今年も年始から
クラッシックコンサートや歌舞伎などに浸ったり
北京駐在時からのお友達を我が家に呼んでブリッジを楽しんだり
何やら忙しい日々を送っております

ピアノの調律も済ませ
生徒さんたちとレッスンを楽しんでおります
今年も皆さんの成長を楽しく見守っていきたいと思います

先日は、サントリーホールで東京フィルハーモニーによる
マーラー 交響曲第5番を聴かせていただきました
第5番はマーラーのなかでも特に「屈指の名曲」として人気の高い交響曲です
皆さんもCMやドラマのBGMでお聞きになったことがあるかもしれませんね

b0198941_9343738.jpg

国立劇場で歌舞伎も観てきました
高麗屋三代揃い踏み
金太郎君は国立劇場初お目見えだそうです
染五郎と息のあった踊りを見せてくれました
こうやって芸が受け継がれていくんですね

今年も宜しくお願いいたします
[PR]
by clubpiano | 2012-02-05 09:37 | 音楽・芸術

北の丸写真展

とってもご無沙汰してしまいましたが、元気です。
生徒さんたちと楽しくレッスンを続けさせていただき、皆さんに感謝です。

昨年に引き続きまして、本日より北の丸公園を題材にした写真展が開催されてております。

お題は、『風景・北の丸公園』

私も3点出展させていただいておりますので、お時間がありましたら是非お立ち寄り下さい。

詳しくはコチラから、 http://hitokuchizaka.net/

プロ顔負けの皆さんのお写真に圧倒され、
北の丸の自然の豊かさにもあらためて感心させられました。
こんなに毎日散歩している場所なのに沢山の発見です。

私の作品のひとつ
『武道館と桜 ・・・ 清水門から』

b0198941_21403545.jpg


場所 http://hitokuchizaka.net/access.html
一口坂ギャラリー
千代田区九段南4-6-1
電話 03-3261-4515
[PR]
by clubpiano | 2011-08-03 21:44 | 音楽・芸術

プラシド・ドミンゴ~魅惑の宵

世界三大テノールのひとり「プラシド・ドミンゴ」
NHKホールでのコンサートに行ってまいりました
b0198941_21442571.jpg

オーケストラピットの前から3列目の真ん中という最高のお席
目が合いそうなくらいの近さでドミンゴの歌声を堪能することが出来ました

ドミンゴの定番
プッチーニの歌劇「トスカ」
カヴァラドッシのアリア「星は光りぬ」など
ドミンゴの魅力満載のステージです

第一部はオペレッタやオペラのアリア、プッチーニなど
第二部はサウンドオフミュージックなどのミュージカルとサルスエラ

拍手の鳴り止まない中で5曲のアンコール
最後はやはりララ「グラナダ」

そして、東日本大震災の被災者に向けて
「音楽はたいしたことは出来ないけれど、
聞いている間は悲しみや苦しみを忘れられる
いつの日か必ず立ち直れる日が来る、そう信じてください」
という哀悼と復興を祈るメッセージで締め括られました
暖かい人柄を感じさせるものでした

日本語で歌われた「ふるさと」では観客も一緒に大きな合唱

心が震えるほどのステージに感動いたしました
[PR]
by clubpiano | 2011-04-21 13:10 | 音楽・芸術

東京フィル定期演奏会

先日、東京フィル・オーチャード定期演奏会に行ってまいりました
b0198941_930376.jpg

指揮 : 渡邊 一正
ヴァイオリン : 竹澤 恭子

楽曲は
望月 京 / むすび (東京フィルハーモニー交響楽団100周年記念委嘱作品)
バーンスタイン / セレナード
プロコフィエフ / 交響曲第5番 変ロ長調 作品100

セレナードには
『ヴァイオリン独奏、弦楽、ハーブと打楽器のためのセレナード(プラトン『饗宴』による)』
というサブタイトルがついています

軽快なヴァイオリン独奏を中心に展開されるレーナード・バーンスタインのセレナード

ヴァイオリンは、グァルネリ デルジェス(1742年製)

すばらしい音色でした

270年前の楽器が今も人々に感動を与えるなんて。。。
[PR]
by clubpiano | 2011-02-13 09:31 | 音楽・芸術

ラテン・ジャズ・ライブ

水道橋にあるライブバー『東京倶楽部』
お友達と一緒にラテン・ジャズを聴きに行きました

今宵の出演バンド ”Masayo”
b0198941_15471486.jpg

ラテンシンガー・Masayoさんをボーカルに

ピアノ・森下滋
ベース・伊藤寛康
パーカッション・都筑章浩
フリューゲルホルン・土濃塚隆一郎
                         
以前お友達にMasayoさんのCDを借りて
その魅力的な声を聴き
是非ライブを聴きに行きたーいと思っていました

ラテンジャズのノリの良い音楽に加え
歌謡曲をラテンにアレンジした曲もありとても楽しいライブでした

ピアノの森下さんがアレンジした歌謡曲は
Masayoさんが歌い始めるまで
『赤いスイトピー』とは絶対分からないほど。。。ラテンでした


ボーカルも演奏もとても質の高いすばらしいものでしたが
秀逸だったのは何といっても”フリューゲルホルン”の音色

すばらしかったですよ~~~

前日のクラシック・ライブでもホルンの演奏があったので
二日続けて金管楽器を堪能

しかも全く違ったジャンル

聴きごたえがありました

また是非聴きに行きたいバンドです
[PR]
by clubpiano | 2010-09-23 23:46 | 音楽・芸術

十五夜コンサート

お友達にお誘いいただいて、押上にある天真庵クラシックライブ 十五夜コンサートに行ってきました
”押上”といえば・・・・
完成を前にして早くも過熱気味な東京の新名所、東京スカイツリーのお膝元
我が家からは上の方しか見えませんが
足元から全体を眺めてみました~
やっぱり近くで見ると大きいです
この辺りもすっかり様変わりしてしまうんでしょうね。。。
さて今夜の演奏は・・・

赤松林太郎さんのピアノでのホルン三重奏
b0198941_15311361.jpg

ヴァイオリン・ホルン・ピアノの組み合わせはなかなか聴く機会がありませんからね
楽しみです

~ 演奏曲目 ~

フランツ・ダンツィ作曲
ホルンとピアノのためのソナタ 変ホ長調 Op.28

ロベルト・シューマン作曲
ヴァイオリンとピアノのためのソナタ 第1番 イ短調 Op.105

ヴィットーリオ・モンティ作曲
チャルダーシュ

フランツ・シューベルト作曲
(フランツ・リスト編曲)
アヴェ・マリア

ヨハネス・ブラームス作曲
ヴァイオリンとホルンとピアノのための三重奏曲 変ホ長調 Op.40

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

いつものように林太郎さんのMCも楽しく
あっという間の音の時間

音響の素晴らしいホールで聴くのとはまた違った音楽を楽しめました
林太郎さんのピアノは秀逸です

アヴェ・マリアの響は胸に沁み入りました

天真庵の美味しい蕎麦の実の雑炊やお蕎麦もいただいて
十五夜のイベントを満喫です
[PR]
by clubpiano | 2010-09-22 22:59 | 音楽・芸術

北の丸公園写真展

デュークとのお散歩に欠かせないのが、北の丸公園
我が家の仔になってから、もう7年近くほぼ毎日通い続けています
そんな北の丸公園が写真展のテーマです

『北の丸公園写真展』
撮影者は九段界隈にお住まいの方々
日ごろのお散歩で撮った写真が展示されています
私が出展した写真のひとつ
b0198941_18495449.jpg

<大手町、丸の内、日比谷、汐留のビル群とデューク 皇居二重橋から>

日時: 8月12日(木)から15日(日)まで
     11:00から18:00まで
場所: 一口坂ギャラリー
     千代田区九段南4-6-1 九段シルバーパレス1階
     03-3261-1408

麹町郵便局より市谷方面に20mのところです
お近くをお通りの際には是非お立ち寄り下さい
[PR]
by clubpiano | 2010-08-12 13:56 | 音楽・芸術

コンサート

東京フィルハーモニー交響楽団の定期演奏会に行ってまいりました。
場所は渋谷のオーチャードホール
b0198941_2151243.jpg

楽曲は魅力的なフランス音楽

ビゼー:     組曲「アルルの女」より
ラヴェル:    マ・メール・ロア
ベルリオーズ: 幻想交響曲

指揮はフランスの巨匠・ミシェル・ブラッソン

最前列のお席で、音を全身で浴びるような心地は久しぶりの感触。

とても贅沢な時間でしたョ♪♪
[PR]
by clubpiano | 2010-07-25 21:59 | 音楽・芸術